1. WiMAX比較ビギナーズ
  2. WiMAX
  3. ≫WiMAXで口座振替ができる!おすすめのプロバイダ3選の比較

WiMAXで口座振替ができる!おすすめのプロバイダ3選の比較

WiMAXで口座振替ができる!おすすめのプロバイダ3選の比較

WiMAX(ワイマックス)をお得に契約するのであればキャンペーンを有効に活用する――。この記事をご覧になっているあなたには、すでに説明不要でしょう。しかし、契約するにあたり「クレジットカード払い」の壁に突き当たったのではないでしょうか? あるいは口座振替ができるならそうしたいとお考えではないでしょうか?

この記事では、WiMAXを口座振替で契約したいあなたのために、口座振替のメリットとデメリットを整理し、おすすめのプロバイダ3選をご紹介します。

口座振替であってもプロバイダのキャンペーンを賢く選べば、クレカ払いと遜色のない契約が可能です。せっかくですので、気持ちよくスタートを切りましょう!

口座振替よりもクレジットカード払いがおすすめ!

お急ぎの方には申し訳ないのですが、WiMAXの契約を口座振替とクレジットカード払いのどちらにしようか決めかねている方のために、あらかじめお伝えしておきます。

可能であればクレジットカード払いを選ぼう

  • 好きなキャンペーンが選べる
  • 契約成立が早い(最短即日発送)
  • 振替手数料が掛からない
  • クレカのポイントも貯まる
  • Try WiMAXでお試しできる

ざっと挙げただけでもクレジットカード払いには、これだけのメリットがあります。口座振替や銀行振り込みにも一応のメリットはあるのですが、クレジットカード払いのメリットはそれらを凌駕します。

なかでも契約成立までの期間の違いは盲点になりやすいのでご注意ください。詳しくは後ほどご説明しますが、口座振替はクレジットカード払いよりもルーターが手元に届くまでに時間がかかる場合があります。

口座振替と銀行振り込みの違いを明確にしよう

ここでまず、口座振替と銀行振り込みの違いを明らかにしておきましょう。

口座振替は振り込み用紙が不要

口座振替は、自分の預金口座に自動で引き落としがかかるサービスです。初回に口座の登録こそ必要ですが、その後の手続きはいりません。振替手数料が掛かる場合があります。

銀行振り込みは振り込み用紙が必要

銀行振り込みは、銀行の窓口やコンビニに振り込み用紙を持参し入金します。用紙に記載された期日までに支払いをしなければならず、毎月のこととなるとかなり面倒です。また、こちらも振込手数料がかかる場合があります。

銀行振り込みが可能なWiMAXプロバイダもある

ごく少数ですが、WiMAXには銀行振り込みに対応しているプロバイダもあります。しかし、すでにご説明したように手間がかかることから、銀行振り込みは避けましょう。

口座振替のメリット・デメリット

メリット

クレジットカードが無くても申し込みできる

かんたんに言ってしまえば、これに尽きます。

しかし、購入日と支払日にずれが生じるのが嫌だ、セキュリティが気になる、あるいはカード払いにするとお金を使い過ぎてしまうなどの理由からクレジットカードを敢えて持たない方も少なくありません。

これは余談であり、少し極端な例ですが、

クレジットカードでは平均23%も支出が増える

引用元:「お金」のシークレット(三笠書房)

と主張する人もいます。

クレジットカードを持たないことはありふれた選択肢の一つです。未成年や学生の方、新社会人の方であればなおさらでしょう。

デメリット

キャンペーンの対象から外れることが多い

キャンペーンの対象を「クレジットカード払いできる方」とするプロバイダは多いです。

コストパフォーマンスに優れているWiMAXとはいえど、キャンペーンの恩恵を受けなければ安くはなりません。キャンペーンの特典であるキャッシュバックや月額料金の割引は実質負担額に対する影響力が大きいからです。

口座振替で契約するにせよ、必ずキャンペーンを経由して申し込みしましょう。

手数料が掛かる

口座振替を選ぶとプロバイダによっては手数料がかかります。一回あたりの手数料は200円から300円と少額ですが、24ヶ月では4,800円になります。つまり、キャッシュバックが5,000円分あったとしても相殺されてしまうわけです。

口座振替を選ぶのであれば、手数料にも着目してみてください。

手続きに時間が掛かる

口座振替の場合、「預金口座振替依頼書」や「支払方法登録申込書」という申請書を準備する必要があります。詳しい手続き方法はプロバイダによって変わりますので、詳しく知りたい方はページ下部の参考サイトを確認してみてください。

申請書を提出後、手続きが完了するまでには、およそ1、2ヶ月ほどの時間がかかります。手続き完了までの間は、銀行振り込みでの手続きとなるでしょう。

機器の発送に時間が掛かる

プロバイダによっては、支払い方法が確定するまでルーターの発送がされません。口座振替には与信の審査があるためです。クレジットカード払いの場合は、カード会社へ信用情報を照会できるため審査がスムーズというわけです。

Try WiMAX(トライワイマック)でお試しできない

WiMAXにはTry WiMAX(トライワイマックス)というレンタルサービスがあります。お試しでモバイルWiFiルーターを15日間無料レンタルできるのですが、申し込みにはクレジットカードが必要になります。

契約に直接関わることではないので詳細は省きます。Try WiMAXについて知りたい方は、次の記事を参考にしてみてください。

Try WiMAXで不安を解消!レンタル前後に知っておきたい知識

口座振替ができる!おすすめのプロバイダ3選

おまたせしました!支払い方法に口座振替を選んでもキャンペーンの対象となるプロバイダのなかから、おすすめの3つをご紹介しましょう。

おすすめプロバイダランキング

  1. BIGLOBE

    高額キャッシュバックとポイントを利用した月額料金割引の2択が可能。受け取り方法もかんたんで初心者でも安心

  2. UQWiMAX

    キャッシュバックの金額こそ少ないが、振替手数料が無料!ユーザー向けのページが充実しておりサポートも期待できる

  3. Broad WiMAX

    クレカ払いでなければ、初期費用の割引を受けることはできない。しかし、月額料金の割引は大きく検討に値する

BIGLOBEは3社のなかで別格

口座振替ができる3社のなかでもBIGLOBEは別格です。

じつはBIGLOBEのキャンペーンは、クレジットカード払い限定を含めた他のキャンペーンのなかでもトップ3に入るほど特典が充実しています。

  • キャッシュバックの受け取りが簡単である
  • Gポイントを使って月額料金の割引ができる
  • 会員サポートが使いやすい

という理由から、当サイトでも人気ナンバー2を誇っており、選択肢が限られる口座振替を希望する方にとってベストな選択といえます。

まとめ

WiMAXの契約を口座振替で申し込みたい方にとって役立つ情報をまとめてきました。

キャンペーンのエントリーページで支払い方法はページ下部に記載されているため、最後につまずくことがあります。しかし、プロバイダを横断的に調べてみると、口座振替であってもWiMAXホルダーへの道は開かれていることがお分かりいただけたでしょうか。

ぜひ、あなたのお役に立ててください。

参考リンク

いずれもプロバイダの公式HPへの外部リンクです。キャンペーンのページではありません。

SNSでシェアしましょう!