1. WiMAX比較ビギナーズ
  2. ポケットWiFi
  3. ≫SoftBank Airが気になる?料金プランやAirターミナルを比較

SoftBank Airが気になる?料金プランやAirターミナルを比較

キャプチャ:SoftBank

あなたはネット回線を検討していてSoftBank Air(ソフトバンクエアー)の存在を知ったのではないでしょうか。SoftBank Airは据え置き型WiFiルーターを宅内に設置しインターネット接続を行えるようにするサービスです。

結論から言ってしまうと、悪くないサービスなのですが、ソフトバンクやワイモバイルの回線を契約している方でなければ積極的に選ぶほどではないでしょう。しかし光回線やADSLといった固定回線を避けたい方には、選択肢のひとつとなります。

この記事では、SofrBank Airが気になる方のために、メリットやデメリットの整理、料金プランの比較、またAirターミナル3機種の比較を行いました。

SoftBank Airのメリットとデメリットを整理しよう

SoftBank Airは、モバイル回線を使いながら据え置き型のWiFiルーターを使用する、中間的な立ち位置のサービスです。この手のサービスはWiMAXでも用意されており一定の人気があります。

モバイル回線を使っていることとその形状から、

  • 光回線よりは不安定
  • 持ち運びできない

といったデメリットはあるものの、

  • 工事不要
  • 引っ越し先でもすぐに使える
  • 配線に困らない
  • プロバイダ契約が不要

といったメリットがあります。

これらの一般的なメリット・デメリットに加え、SoftBank Airの場合は、ソフトバンク系の他の商品と相乗効果のある「おうち割」や「光セット」といったサービスがあることもメリットになるでしょう。

最大のメリットは工事が不要であること

多くのメリットを挙げましたが、とりわけ工事が不要なメリットは大きいです。

固定回線を引く際に配線工事が済んでいない場合は工事費用が発生します。キャンペーンや分割払いに隠れていて見えにくいのですが、工事費用はおよそ2万円前後と高額。

これはフレッツ光での体験談ですが、工事費用の返済前に引っ越しで解約しようとすると、解約違約金と合わせた一括払いを求められます。解約しなければよいのか?と考えますが、今度は引っ越し先で再工事が必要になるケースがあるため逃れられません。

引っ越す可能性がある方はモバイル回線にしておくことで後々の負担が減ります。

SoftBank Airの料金・キャンペーンはどれを選ぶべきか?

前項でモバイル回線の据え置き型WiFiルーターの概要が分かったと思います。ここでは、Softbankairのサービスや料金、速度などを検証していきましょう。

SoftBank Airの料金表

SoftBank Airは、Airターミナル3または2を選ぶのか、それともAirターミナルを選ぶのか、またルーターを割賦で購入するかレンタルするかによって料金体系が変わってきます。

特徴選ぶならレンタルの方がおすすめおうち割・光セットなら割賦も〇分割払いなら安さナンバーワン◎あえて選ぶ必要はないだろう

Softbank Air 3/2 Softbank Air 3/2 Softbank Air Softbank Air
条件 ルーターのみ おうち割/光割 ルーターのみ おうち割
分割払い
3,800円
4,300円
3,696円
4,196円
レンタル
4,290円
4,790円
4,186円
4,686円
おすすめ度 星4個 星35個 星3個 星25個

24ヶ月目以降は割引期間の終了することに注意しよう

表の金額はいずれも「はじめようSoftBank Air割」適用後の金額であり、割引の切れる24ヶ月後は通常料金に戻ります。契約更新月に解約しなかった場合は、通常料金で利用することになることにご注意ください。

はじめようSoftBank Air割とは?

おうち割/光セット割に加入する場合は月額580円、加入しない場合は1,080円の割引を24ヶ月間受けることができるキャンペーンです。SoftBank Airの契約期間は2年間ですので、ちょうど最初の更新月まで割引があります。

レンタルがおすすめ!割賦払いは36ヶ月

料金表をみて違和感を感じませんか? 端末を購入するよりもレンタルの方が月々の支払い額が多いのです。なぜレンタルのほうが高いのでしょうか。

その理由は、「月月割」というサービスにあります。Airターミナルのルーターの月月割は36ヶ月間であるため、解約金を払わないためには48ヶ月間の契約が必要になります。

事実上の縛り期間になることから、とりあえず2年契約でスタートしたい、という方にはレンタルがおすすめです。

一方、すでにソフトバンクユーザーであり、おうち割/光セットを契約しようと考えている方であれば、解約を考える機会も少なくなるため分割払いにして、月月割の制度をフルに活用する手もあります。

月月割とは?

月月割とは端末の代金に応じて、毎月一定額(=分割払い額)を割引するサービスです。本来、Airターミナル3や2の場合は58,320円、Airターミナルの場合は50,544円が現金販売価格となりますが、割賦払いにすることで端末代金を相殺できるサービスです。

Airターミナル2/3とAirターミナルを比較しよう

Airターミナル2 / 3 Airターミナル
イメージ
サイズ
約H208×W95×D95mm
約H261×W220×D64mm
質量 約550g 約610g
下り通信速度
最大261Mbps/350Mbps
最大110Mbps
通信方式 AXGP / TDD-LTE(3のみ) AXGP
月間データ量
使い放題
使い放題
WiFi規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11a/b/g/n
WiFi速度
最大866Mbps
最大300Mbps
同時接続 64台 32台
おすすめ度 星4個 星2個

どちらを選んでも月間データ量は使い放題

比較表を見ていると、月間データ量が使い放題であることに目が行きます。

じつは、SoftBank Airは月間データ量が決まっていません。モバイルデータ通信で月間データ量が定量ではないサービスといえばWiMAX2+のギガ放題が有名なのですが、それを意識してのことでしょう。

ただし、過度な期待は禁物です。SoftBankのサブブランド、ワイモバイルでは305ZT発売時に無制限と謳っていたものの、途中から制限付きに変更になった過去があるため、規約の変更により何らかの制限が掛けられる可能性はあります。

コスパで選ぶならAirターミナル3または2を選ぼう


Airターミナル3または2を選ぶべき理由は大きく3つあります。

まず最初にインテリア性です。Airターミナルは横幅(W)が広く一般的な無線LANルーターと似た形状をしているため、少し古臭い印象を受けます。

次に速度です。Airターミナル3であれば下り最大350Mbps、2であれば261Mbpsと、それぞれAirターミナルの3倍、2倍といった速さが期待できます。金額の差よりも速度の差が大きいことから、コスパに違いがあります。

Airターミナル2以降はバックアップ回線に繋がる

Airターミナル3はFDD-LTE(3.5GHz)の通信方式に対応していますが、Airターミナル2とAirターミナルの対応はAXGP(2.5GHz)のみです。AXGP回線が工事などで繋がらなかった場合どうなるのでしょうか?

SoftBank Airの利用規約を見てみると、AXGP回線が使えなかった場合、Airターミナル2以降はバックアップ回線に繋がるようです。


引用:SoftBank Air 会員規約

少し長くなりましたが、これがAirターミナル3または2を選ぶべき最後の理由です。

SoftBank Airを選ぶ上で気を付けるべきこと

AXGPのエリアだけは絶対にチェックしておこう

申し込んだが使えなかった・・・という事態を避けるために、お住いの地域がAXGPのエリア内にあるかどうかだけは事前にチェックしておいた方がよいです。

都市部のエリアであれば次の記事でまとめてあります。

より詳細が見たい場合は、SoftBank サービスエリアマップで地域名をピンポイントで確認してみてください。

総括

この記事ではSoftBank Airが気になる方のために、料金プランの比較やAirターミナルの比較を行いました。実際に契約するイメージができたでしょうか。

もう一度、ポイントをまとめましょう。プランの選び方は次の2点が重要です。

  • 基本的にはレンタルがおすすめ
  • おうち割/セット割なら割賦購入も検討の余地がある

また端末については、

  • インテリア性
  • コスパ(速度:金額)
  • バックアップ回線の有無

の3つの観点から、Airターミナル3がおすすめです。

上記の構成で最安値で購入できるのは、こちらの公式キャンペーンです。期間・台数限定となっていますので、気になった方はお早めにチェックしてみましょう。

SNSでシェアしましょう!